むなしい

【意味】 むなしいとは、空虚である。内容が無い。充実していない。無利益である。根拠が無い。無実である。はかない。

【むなしいの語源・由来】

むなしいは、「み(身・実)」と「な(無)」から生じた語で、中身が無いこと。
「みな(身・実無)」が変化した「むな」に形容詞を作る接尾語「し」が加わって「むなし」になり、口語化されて「むなしい」となった。
心の中が空っぽになることからや、「形だけで中身が無い」「充実していない」という状態に対して残念に思う気持ちが、「むなしい」には含まれるようになり、「わびしい」や「みじめ」といった意味を含んで用いられるようになってきた。
古くは、死んで心や魂が抜け去り、体だけになっているところから、「命が無い」という意味でも「むなしい」は用いられた。

【関連語】

敢え無い(あえない) 青菜に塩(あおなにしお) 呆気ない(あっけない)
命(いのち) 泡沫(うたかた) 空ろ・虚ろ(うつろ)
項垂れる(うなだれる) 肩を落とす(かたをおとす) がっかり・がっくり
悲しい・哀しい(かなしい) 体(からだ) 空っぽ(からっぽ)
がらんどう 仮初(かりそめ) 心(こころ)
寂しい・淋しい(さびしい・さみしい) 残念(ざんねん) 萎れる(しおれる)
死ぬ(しぬ) 充実(じゅうじつ) 盛者必衰(じょうしゃひっすい)
諸行無常(しょぎょうむじょう) 悄気る(しょげる) しょぼい・しょぼしょぼ
すっからかん 切ない(せつない) 魂(たましい)
断腸の思い(だんちょうのおもい) 無い(ない) 萎える(なえる)
嘆かわしい(なげかわしい) 情けない(なさけない) 糠喜び(ぬかよろこび)
濡れ衣(ぬれぎぬ) 儚い(はかない) 拍子抜け(ひょうしぬけ)
憮然(ぶぜん) 身(み) 実(み)
惨め(みじめ) 無駄(むだ) 無念(むねん)
滅入る(めいる) メランコリー 蛻の殻(もぬけのから)
物憂い(ものうい) 遣る瀬無い(やるせない) 憂鬱(ゆううつ)
落胆(らくたん) 侘しい(わびしい)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス