ムクドリ

【意味】 ムクドリとは、スズメ目ムクドリ科の鳥。全長約24センチ。黒褐色で、顔と腰に白い部分が混じり、くちばしと脚は橙黄色。

【ムクドリの語源・由来】

椋木(ムクノキ)の実を好んで食べることからというのが定説となっているが、ムクノキ以外の種子や果実、昆虫なども食べる。
ムクドリの特徴は、何万羽ともいわれる大群をつくって「リャーリャー」と鳴くところにあるため、「群木鳥(ムレキドリ)」もしくは「群来鳥(ムレキドリ)」の略転説がある。
ムクドリを指す方言の「クモドリ(雲鳥)」は雲のように見える大群の鳥の意味から、「ムラ」「ムラドリ」が群れをなすところから、「ムクギ」「ムッキードリ」は「群来(鳥)」、「ムッツドイ」が「群集い」とすると、ムクドリの語源も「群れ」と考えるのが妥当である。

【関連語】

足・脚・肢(あし) 顔(かお) カンムリシロムク
黄色(きいろ) キュウカンチョウ・九官鳥 嘴(くちばし・はし)
雲(くも) 黒(くろ) 腰(こし)
コムクドリ・小椋鳥(こむくどり) 昆虫(こんちゅう) サルカ・秦吉了(さるか)
白(しろ) シンキツリョウ・秦吉了 スズメ・雀(すずめ)
ダイダイ・橙(だいだい) トリ・鳥(とり) 泣く・鳴く・啼く(なく)
ハッカチョウ・八哥鳥 ホシムクドリ・星椋鳥 マネシツグミ・真似鶫
実(み) ムクノキ・椋木・樸樹(むくのき) 群れ(むれ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス