向こう脛

【意味】 向こう脛とは、脛(すね)の前面。

【向こう脛の語源・由来】

室町時代から見られる語で、古く「すね」は「はぎ」と言ったため、「むかはぎ(向か脛)」と呼ばれていた。
脛は一般的に膝からくるぶしまでの前面部分をいうが、本来は後方部分の「脹脛(ふくらはぎ)」もさすことから、前面の意味で「向こう」が付けられた。
「向こう」は相手側や反対側、自分から離れた前方を意味する言葉であるが、向こう脛の「向こう」は対面する相手に向かって正面・前面の意味で、用法が異なる。
同じ用法の言葉には、上の前歯をいう「向こう歯」「向か歯(むかば)」がある。

【関連語】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス