ムカデ

【意味】 ムカデとは、節足動物唇脚綱のうちゲジ類を除いたものの総称。

【ムカデの語源・由来】

ムカデの語源は、「百手(ももがて)」「百数多手(ももいかて)」など漢字の「百足」に近い説や、手が向かい合ったように生えていることから「向手(むかいで)」や「対手(むかふて)」が転じたなど諸説あるが未詳。
「ム」が「六」、「ガ」が「五十嵐」などの「十」、「デ」が「手」で「六十手(むかで・むがて)」といった説もある。
しかし、大雑把に数の多さを表す場合、「六」という数字は使われにくいため、「六十手」という漢字が用いられていたとしても、当て字と考えられる。
漢字「百足」は中国語表記で、日本に「ムカデ」という語があり、その当て字として用いたものである。
英語では「centipede」といい、その語源もラテン語で「百本の足」という意味。
ムカデの足は実際に何本あるかだが、ひとつの体節に一対の足(本数では2倍になる)をもっているため、体節の数によって異なる。
体節が少ないものは十数節程度で、多いものでは170節以上の体節をもつ。

【関連語】

足・脚・肢(あし) アリ・蟻(あり) 蚊(か)
ゲジゲジ・蚰蜒(げじげじ) コオロギ・蟋蟀(こおろぎ) ゴキブリ
手(て) ナメクジ・蛞蝓(なめくじ) ハエ・蠅・蝿(はえ)
ハチ・蜂(はち) ヤスデ・馬陸(やすで) 薮蚊・藪蚊(やぶか)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス