六日の菖蒲

【意味】 六日の菖蒲とは、時機遅れで役に立たないこと。六日のしょうぶ。のちのあやめ。十日の菊。

【六日の菖蒲の語源・由来】

ここでいう「六日」とは、端午の節句(五月五日)の翌日のこと。
菖蒲は五月五日の端午の節句に使うので、六日に用意していては遅いことから、時機を逃して役に立たないことの喩えとして言うようになった。

【関連語】

【関連リンク】

「六日の菖蒲、十日の菊」の意味・由来・出典・類義語・対義語・英語表現・例文

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス