無茶苦茶

【意味】 無茶苦茶とは、道理に合わないこと、程度がはなはだしいこと、知識がないこと、乱暴なさまなどを表す「無茶」を強めていう語。滅茶苦茶。

【無茶苦茶の語源・由来】

無茶苦茶の語源には、「無茶」が来客にお茶を出さないこと、「苦茶」が苦いお茶を出すことで、共に常識はずれなことからといった説がある。
この説は漢字を元に考えられた説だが、「無茶苦茶」はただの当て字なので、漢字に語源をもとめること自体間違いである。
無茶苦茶の「無茶」は、仏教語で「無為」を表す「無作(むさ)」からか、「無作」から生じ、中世から近世にかけて「無造作」の意味で用いられた副詞「むさと」の「むさ」が転じたものと考えられている。
また、「むさい」「むさぼる」などの「むさ」などと同根で、むさぼる心が強いことや、汚らしいことからとも考えられる。
無茶苦茶の「苦茶」は、語調を整えつつ「無茶」を強めるための語である。
同様に「むさ」から生じ、語調を合わせた言葉には「むさくさ」や「むしゃくしゃ」がある。

【関連語】

荒い・粗い(あらい) いい加減(いいかげん) 大雑把(おおざっぱ)
お茶(おちゃ) がさつ 狂う(くるう)
しっちゃかめっちゃか しどろもどろ 随分(ずいぶん)
凄い(すごい) 凄まじい(すさまじい) 粗忽(そこつ)
粗暴(そぼう) だだくさ ちぐはぐ
ちゃらんぽらん 超弩級・超ド級(ちょうどきゅう) 辻褄(つじつま)
適当(てきとう) 出鱈目(でたらめ) てんやわんや
どさくさ 途轍もない(とてつもない) 頓珍漢(とんちんかん)
とんでもない 苦い(にがい) 甚だしい(はなはだしい)
パニック 酷い(ひどい) 不届き(ふとどき)
箆棒(べらぼう) 乱り・妄り・濫り・猥り(みだり) 乱れる(みだれる)
むさい むさくさ 貪る(むさぼる)
むしゃくしゃ 矛盾(むじゅん) 無造作(むぞうさ)
無闇(むやみ) 滅茶苦茶(めちゃくちゃ) 滅相もない(めっそうもない)
滅多(めった) 滅法(めっぽう) 物凄い(ものすごい)
矢鱈(やたら) やばい ラリる
狼藉(ろうぜき)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス