無病息災

【意味】 無病息災とは、病気をせず健康であること。

【無病息災の語源・由来】

「無病」も「息災」も、病気をしないこと、何事もなく達者なことを意味する。
「息災」は仏教語で、仏の力で災害や病気などの災いを防ぎとめることをいった。
息災の「息」は、「とどめる」の意味。
「息」が「とどめる」を意味するのは、「休息」や「息をつく」という語があるように、静かに息づく意味から転じたものである。
鎌倉時代の随筆『徒然草』に、「息災なる人も、目の前に大事の病者となりて」とあるように、古くは形容動詞としても「息災」は用いられた。

【関連語】

息(いき) 命(いのち) ウエルネス
快活(かいかつ) 矍鑠(かくしゃく) 頑丈(がんじょう)
元気(げんき) 健康(けんこう) 丈夫(じょうぶ)
健やか(すこやか) スタミナ 逞しい(たくましい)
達者(たっしゃ) タフ 力(ちから)
つつがない・つつがなく 強い(つよい) ハツラツ・溌剌・溌溂(はつらつ)
パワー 無事(ぶじ) 不死身(ふじみ)
ヘルス 仏(ほとけ) 病(やまい)
災い・禍(わざわい)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス