模様

【意味】 模様とは、図柄・図形。ありさま・様子。らしい様子。

【模様の語源・由来】

漢語「模様」からで、本来の語形は「モヤウ(「モ」は呉音、「ヤウ」は呉音・漢音)」。
漢語の用法では図柄や様子を表し、「雨模様」や「雪になるもよう」など、名詞の下につけて物事の動向を推測する場合の用法は、ありさまや様子の意味から派生した日本的用法である。
「雨もよう」と似た表現に「雨もよい」があるが、これは物事のきざしが見えることを表す「もよい(催い)」で、「模様」とは異なる語である。

【関連語】

アーガイル アート 雨(あめ)
有様(ありさま) 市松模様(いちまつもよう) 色(いろ)
絵・画(え) 絣・飛白(かすり) 形・型(かた)
形・容(かたち) 柄(がら) カラー
幾何学(きかがく) キャラクター グラフィック
倶利迦羅紋紋(くりからもんもん) グレンチェック 格子(こうし)
縞(しま) 印・標・証(しるし) ストライプ
線(せん) タータンチェック チェック
デザイン ドット 巴・鞆絵(ともえ)
パターン ブチ・斑(ぶち) 文・書(ふみ)
プリント ペイズリー ヘリンボーン
ポルカドット マーク 斑(まだら)
マドラスチェック 卍・卍字・万字(まんじ) モアレ
文字(もじ) モチーフ 催い(もよい)
文様・紋様(もんよう) 雪(ゆき) 様子(ようす)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス