もったいない

【意味】 もったいないとは、惜しい。おそれおおい。

【もったいないの語源・由来】

もったいないは、和製漢語「勿体(もったい)」を「無し」で否定した語。
勿体の「重々しさ」「威厳さ」などの意味から、もったいないは「妥当でない」「不届きだ」といった意味で用いられていた。
転じて、「自分には不相応である」、「ありがたい」「粗末に扱われて惜しい」など、もったいないの持つ意味は広がっていった。
また、「勿体」は本来「物体」と書き、「もったい」と読むのは呉音。
「物の形」「物のあるべき姿」から派生し、「重要な部分」「本質的なもの」となった。
さらに、重々しい態度などの意味に派生し、意味が離れてきたため「物」が省略され、「勿」という表記で和製漢語の「勿体」が生まれたとされる。
これらの経緯から、「惜しい」といった意味で用いられる「もったいない」は、「本来あるべき物がない」と原義に戻ったようにも思えるが、「もったいないおばけが出るぞ」など言われるように、「神聖な物」「重要な物」を粗末にする意味が含まれるため、「勿体」の意味が転じた流れによるものと考えられる。

【関連語】

有難う(ありがとう) 慈しむ(いつくしむ) 卑しい・賎しい(いやしい)
エコロジー 惜しい(おしい) お化け(おばけ)
御の字(おんのじ) 掛け替えのない 忝い・辱い(かたじけない)
がめつい 体(からだ) ケチ
せこい ぞんざい 大切(たいせつ)
だだくさ フリーマーケット 面目(めんぼく)
勿体振る(もったいぶる) 吝か(やぶさか) リサイクル

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

勿体ない(もったいない)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス