もしもし

【意味】 もしもしとは、人に呼びかけるときの言葉で、特に、電話で呼びかけるときに使われる。

【もしもしの語源・由来】

もしもしは、「申し(もうし)」を連ね短縮された言葉。
江戸時代には、「申し(もうし)」と単独で使われていた。
電話が開通された当初は高級官僚や実業家などしか電話を持っていなかったため、「もしもし」ではなく「おいおい」と呼びかけ、「はい、ようござんす」と返答されていた。
電話の呼びかけに「もしもし」が使われるようになったのは、電話交換手が中継ぎをしていた為、繋ぐ相手に失礼とならぬよう「申し上げます」と言っていたことによる。
日本で初めて電話交換業務が行われたのは、明治23年(1890年)12月16日、東京・横浜間である。

【関連語】

相鎚・相槌(あいづち) インタビュー アンケート
頷く(うなずく) うんともすんとも ガラケー
声(こえ) 答える・応える(こたえる) 言葉(ことば)
スマートフォン ダイヤル テレフォン
トランシーバー 話(はなし) フィーチャーフォン
ヤッホー 呼ぶ(よぶ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス