モルヒネ

【意味】 モルヒネとは、アヘンに含まれるアルカロイドで麻薬の一種。塩酸塩が鎮痛・鎮静薬としてガンなどの疼痛(とうつう)に用いられるが、習慣性が強く、多用すると中毒になるため、麻薬に指定されている。モルフィン。モヒ。

【モルヒネの語源・由来】

オランダ語「morfine」からの外来語。
痛みを鎮め、夢心地にするモルヒネの特徴から、ギリシャ神話に登場する夢の神「Morpheus(モルペウス・モルフィス)」の名にちなみ、「morphium(モルフィウム)と」名付けられ、「morfine(モルヒネ)」と呼ばれるようになった。

【関連語】

アスピリン アヘン・阿片・鴉片(あへん) アルカロイド
痛い(いたい) カフェイン 神(かみ)
ガン・癌(がん) 薬(くすり) クロロホルム
コカイン シャブ 大麻(たいま)
毒(どく) トリカブト・鳥兜(とりかぶと) ニコチン
ヒロポン ヘロイン マリファナ
夢(ゆめ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス