ものまね

【意味】 ものまねとは、人や動物などの声音・態度・動作などをまねること。また、それをする芸。

【ものまねの語源・由来】

「ものまね」という言葉は、『源氏物語』の手習に「ものまねび(物学び)」の語で見えるのが古い。
ものまねという事柄に関しては、鳥や獣の鳴き声を真似るなど、文明が形成される以前からあったと考えられるが、人物に扮してそれらしく演じる意味で、この語が多く見られるのは、世阿弥の能楽論である。
ただし、翁や鬼の面をつける世阿弥では、模写的な演技そのものという訳ではない。
模写的な演技のものまねは、面をつけない狂言で行われ、近世には歌舞伎や浄瑠璃に取り入れられるようになった。
その後、歌舞伎役者の声色のものまねが流行り、幇間(太鼓持ち)の芸にも取り入れられ、近世後期から動物や人間のものまねをする芸人が現れるようになった。

【関連語】

イミテーション 瓜二つ(うりふたつ) エセ・似非(えせ)
エンターテイメント 海賊版・海賊盤(かいぞくばん) 顔(かお)
歌舞伎(かぶき) キュウカンチョウ・九官鳥 狂言(きょうげん)
声(こえ) コピー 声色(こわいろ)
仕草・仕種(しぐさ) 浄瑠璃(じょうるり) 太鼓持ち(たいこもち)
ダミー 手品(てじな) なぞる
偽・贋(にせ) 似て非なるもの 似る(にる)
パントマイム 顰に倣う(ひそみにならう) フェイク
幇間(ほうかん) まがい物(まがいもの) マジック
学ぶ(まなぶ) 真似(まね) 丸で(まるで)
漫才(まんざい) ミミック 疑き(もどき)
物(もの) 寄席(よせ) 落語(らくご)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

物真似(ものまね)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス