紋切り型

【意味】 紋切り型とは、型にはまったやり方。決まりきった形式。ステレオタイプ。紋切型。

【紋切り型の語源・由来】

紋切り型は、文字通り紋を切り抜くための型をさした語。
近世頃から、「決まりきったやり方」を言うようになった。
古くは「型通り」の意味しかなく、悪い意味に限られた言葉ではなかったが、時代が下がるにつれ、融通が利かないといったニュアンスで用いられる事が多くなった。

【関連語】

当たり前(あたりまえ) 在り来り(ありきたり) 一点張り(いってんばり)
一本槍(いっぽんやり) 同じ(おなじ) 形・型(かた)
切り口上(きりこうじょう) 切る・斬る・伐る(きる) ご多分に漏れず
定石・定跡(じょうせき) ステレオタイプ 月並み(つきなみ)
テンプレート 当然(とうぜん) 二番煎じ(にばんせんじ)
抜く・貫く(ぬく) パターン 雛形・雛型(ひながた)
墨守(ぼくしゅ) マニュアル マンネリ
融通(ゆうずう)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

紋切り型(もんきりがた)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス