もなか

【意味】 もなかとは、薄く焼いた糯米(もちごめ)製の皮の中に餡を詰めた菓子。

【もなかの語源・由来】

もなかは、江戸吉原の菓子屋 竹村伊勢が、満月をかたどった「最中の月(もなかのつき)」という煎餅のようなものを作り、それが省略されて「最中」となった。
最中の月とは陰暦十五夜の月(中秋の名月)のことで、平安時代の歌集「拾遺集」には、「水の面に 照る月なみを かぞふれば 今宵ぞ秋の もなかなりける」とある。
真ん中に餡が入っているため、中央を意味する「最中(さいちゅう)」からとする説もあるが、もなかに餡が入ったのは、「最中の月」が作られた以降のことである。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス