モモ

【意味】 モモとは、バラ科の落葉小高木。中国原産。春に五弁または多重弁の花を咲かせ、夏に肉厚多汁の甘い果実を実らせる。

【モモの語源・由来】

モモの語源には、「真実(まみ)」が転じたとする説。
実が赤いところから「燃実(もえみ)」の意味。
実が多く成ることから「百(もも)」、もしくは「実々(みみ)」が転じたとする説。
毛が生えていることから「毛々(もも)」の意味など十数種の説がある。
古くからモモは、民話『桃太郎』で子供が生まれたり、日本神話で悪魔払いに用いられるなど、花や木よりも果実に重点が置かれており、実に意味があると考えられるため、「モ」は「実」の転であろう。
沢山成ることから「実」を強調した「実々(みみ)」を軸に、「百(もも)」にも通じる語と思われる。
『本草和名』や『和名抄』では「毛毛」と表記され、実に毛が多く生えていることを表しているが、音が先にあり、後からその状態を表すようになったと考えられ、語源として採用するのは難しい。
漢字「桃」の「兆」は左右二つに離れるさまを表し、「木+兆」で実が二つに割れる木を意味している。

【関連語】

アーモンド アップル アプリコット
甘い(あまい) アンズ・杏子・杏(あんず) イチゴ・苺(いちご)
イヌザクラ・犬桜(いぬざくら) ウメ・梅(うめ) 桜桃(おうとう)
多い(おおい) 大島桜(おおしまざくら) カイドウ・海棠(かいどう)
カリン・花梨(かりん) 木・樹(き) キイチゴ・木苺(きいちご)
キョウチクトウ・夾竹桃 果物(くだもの) クルミ・胡桃(くるみ)
毛(け) ゲットウ・月桃(げっとう) コケモモ・苔桃(こけもも)
サクラ・桜(さくら) サクランボ サンザシ・山査子(さんざし)
シャリンバイ・車輪梅 ストロベリー スモモ・李(すもも)
ソメイヨシノ・染井吉野 ツルコケモモ・蔓苔桃 デザート
桃源郷(とうげんきょう) 桃紅柳緑(とうこうりゅうりょく) ナシ・梨(なし)
夏(なつ) ナナカマド・七竈(ななかまど) バクチノキ・博打の木
花・華(はな) ハマナス・浜茄子(はまなす) バラ・薔薇(ばら)
春(はる) ピーチ 彼岸桜(ひがんさくら)
ビワ・枇杷(びわ) ピンク フトモモ・蒲桃(ふともも)
プラム フルーツ プルーン
ヘビイチゴ・蛇苺(へびいちご) 扁桃腺(へんとうせん) ボケ・木瓜(ぼけ)
実(み) 水菓子(みずがし) 桃栗三年柿八年
桃の節句(もものせっく) 八重桜(やえざくら) ヤマブキ・山吹(やまぶき)
ヤマモモ・山桃(やまもも) ユキヤナギ・雪柳(ゆきやなぎ) ラズベリー
リンゴ・林檎(りんご)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

モモ・桃のことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス