もみあげ

【意味】 もみあげとは、耳の前にはえさがった髪の毛の一部分。もみ上げ。モミアゲ。

【もみあげの語源・由来】

もみあげは、寛永から正保の頃、武家の下々の者がロウソクの溶けたものに松脂を加え、はえさがっている「もみあげ」を上げて「鬼ひげ」にしたことから、「あげ」の呼称がついたという用例が「落穂集」にあり、漢字で「揉み上げ」と書くように、古くは耳の前の毛を揉んで上げていたことが語源とされる。
この他、下がっている毛が「上げ」と呼ばれる理由に、日本髪では鬢付け油を使い上げていることからも伺える。
江戸時代には「耳脇毛(みみわきげ)」が訛り、「もみあげ」になったとする説が出るなど、もみあげの語源は古くから疑問を持たれている。
また、お年寄りの中には「もみあげ」を「もみさげ」と呼ぶ人もいる。
昔は上がっている状態を呼び、現在は下がっていることを考えると正しい気もするが、揉んではいないので、江戸時代の上方で呼ばれてた「はえさがり」が妥当と思える。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス