モロヘイヤ

【意味】 モロヘイヤとは、シナノキ科の一年草。東地中海の原産といわれる。葉はシソに似るが、刻むとぬめりが出る。シマツナソ。

【モロヘイヤの語源・由来】

アラビア語「molokheiya」からの外来語。
エジプトには重病を患ったエジプト王がモロヘイヤのスープを飲んだら回復したという故事があり、「王様の野菜」を意味するアラビア語「ムルキーヤ」が語源となっている。
現在でもエジプトではモロヘイヤのスープがよく作られ、各家庭に「マハラタ」と呼ばれるモロヘイヤ専用の包丁がある。

【関連語】

オクラ カラスノゴマ・烏の胡麻 草(くさ)
シソ・紫蘇(しそ) シナノキ・科の木(しなのき) ジュート
スープ ツナソ・綱麻(つなそ) 薯蕷(とろろ)
納豆(なっとう) 滑り(ぬめり) 葉(は)
ヘラノキ・篦の木(へらのき) 包丁(ほうちょう) ボダイジュ・菩提樹(ぼだいじゅ)
メカブ・和布蕪(めかぶ) ラセンソウ・羅氈草(らせんそう) リンデンバウム

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス