木蓮

【意味】 木蓮とは、モクレン科の落葉低木。春、大きな紫色の六弁の花を開いた後、広倒卵形の葉が出る。中国原産で、観賞用に庭などに植えられる。

【木蓮の語源・由来】

木蓮は、花の姿がランに似ていることから中国では「木蘭」と呼び、日本でも音読みして「モクラン」、更に日本語化して「モクラニ」などとも呼ばれた。
そのため、「モクレン」は漢字で「木蘭」とも表記される。
「木蓮」と呼ばれるようになったのは江戸時代頃で、「木蘭」から「木蓮」への変化は、見立てられる花がランからハスに変わったことによる。
「木蓮」も元は漢名であるが、中国で言う「モクレン」は「コブシ(辛夷)」のことである。
別名の「木蓮華・木蓮花(モクレンゲ)」は木蓮と同様の意味からで、「紫木蓮・紫木蘭(シモクレン)」は紫色の花を咲かせることからの名である。

【関連語】

オオヤマレンゲ・大山蓮華 オガタマノキ・小賀玉の木 木・樹(き)
コブシ・辛夷・拳(こぶし) 咲く(さく) シキミ・樒(しきみ)
シデコブシ・四手辛夷・幣辛夷 ダイウイキョウ・大茴香 タイサンボク・泰山木・大山木
タムシバ 庭(にわ) 葉(は)
ハクモクレン・白木蓮 ハス・蓮(はす) 花・華(はな)
春(はる) ホオノキ・朴の木(ほおのき) ムラサキ・紫(むらさき)
ユリノキ・百合木(ゆりのき) ラン・蘭(らん)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス