もぐら

【意味】 もぐらとは、食虫目モグラ科の哺乳類の総称。地下にトンネルを掘ってすみ、ミミズや昆虫などを食べる。

【もぐらの語源・由来】

もぐらは、土の中に潜ることから「潜る(もぐる)」が変化したとする説があるが、動詞「もぐる」は比較的新しい語で、現在の「モグラ」の語形から考えられた俗説である。
モグラの古い語形は、平安時代には「ウゴロモチ」「ムグロモチ」「ウグルモチ」などで、他にも、第一音節が「ウ」か「ム」、第二音節が「グ」か「ゴ」、第三音節が「ル」か「ロ」の組み合わせでいくつかある。
平安時代の辞書には「うぐろもつ」「うごもつ」など、土を盛り上げる意味の動詞があり、もぐらが穴を掘って土を盛り上げることからの命名と考えられる。
中世には「ウグロモチ」が一般的な語として使われていたが、文化の中心が江戸に移り、江戸の地方語であった「ムグロモチ」の語系が一般的となった。
1603年の『日葡辞書』には「モチ」が抜けた「ムグラ」の語も見られ、江戸時代後期になって「モグラ」が見られるようになる。
「ムグラ」から「モグラ」へ音変化する際、動詞「もぐる」が影響したことはある程度考えられるが、「もぐる」が語源で「もぐら」になったわけではない。
漢字の「土竜」は、土を掘った跡のトンネル部分が竜のように見えるため付けられたものであるが、中国では「ミミズ」をさしており、日本に伝わった際に誤って「もぐら」に「土竜」があてられたといわれる。

【関連語】

穴・孔(あな) アルマジロ イタチ・鼬(いたち)
ウサギ・兎(うさぎ) ケラ・螻蛄(けら) コウモリ・蝙蝠(こうもり)
シャベル スカンク スコップ
竜・龍(たつ) 土(つち) テン・貂・黄鼬(てん)
テンジクネズミ・天竺鼠 トンネル ネズミ・鼠(ねずみ)
ハリネズミ・針鼠(はりねずみ) ビーバー 掘る・彫る(ほる)
ミミズ・蚯蚓(みみず) ミンク ムササビ
虫(むし) 潜る(もぐる) モモンガ
盛る(もる) モルモット ヤマアラシ・山荒・豪猪
リス・栗鼠(りす) 竜・龍(りゅう)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス