モルモット

【意味】 モルモットとは、齧歯目(げっしもく)テンジクネズミ科の哺乳類。体長約25センチ。動物実験や愛玩用に飼われる。

【モルモットの語源・由来】

オランダ語「marmot」からの外来語。
16世紀、オランダ人の探検家によってテンジクネズミがヨーロッパへ移入された際、ヨーロッパに生息するリス科のマーモット(marmot)と間違われ、「marmot」と名付けられてしまった。
日本には、天保14年(1843年)に伝来した。
その際、オランダ語の「マルモット(marmot)」が訛り、日本では「モルモット」と呼ばれるようになった。
モルモットは飼育しやすく、実験用動物として多く用いられることから、実験台として利用される人を「モルモット」という。

【関連語】

イイズナ・飯綱(いいずな) イタチ・鼬(いたち) ウサギ・兎(うさぎ)
ウッドチャック エジプトネズミ・エジプト鼠 カヤネズミ・萱鼠(かやねずみ)
クマネズミ・熊鼠(くまねずみ) ケナガネズミ・毛長鼠 コウモリ・蝙蝠(こうもり)
シチロウネズミ・七郎鼠 シマリス・縞栗鼠(しまりす) ジャコウネズミ・麝香鼠
スナネズミ・砂鼠(すなねずみ) スンクス タルバガン
チンチラ テンジクネズミ・天竺鼠 トガリネズミ・尖鼠
トゲネズミ・刺鼠(とげねずみ) トビネズミ・跳鼠(とびねずみ) ドブネズミ・溝鼠(どぶねずみ)
ネズミ・鼠(ねずみ) ハツカネズミ・二十日鼠 ハムスター
ハリネズミ・針鼠(はりねずみ) ビーバー ヒメネズミ・姫鼠(ひめねずみ)
プレーリードッグ マーモット マーラ
マウス(鼠) マスクラット ミンク
ムササビ モグラ・土竜(もぐら) モモンガ
ヤチネズミ・谷地鼠・野地鼠 ヤマアラシ・山荒・豪猪 ヤマネ・山鼠(やまね)
ラット リス・栗鼠(りす) レミング

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス