【意味】 湖とは、周囲を陸地で囲まれた窪地で水をたたえた所。池や沼よりも大きく、沿岸植物が生育できない深さのもの。ふつう最深部が5メートル以上をいう。

【湖の語源・由来】

みずうみは「水海(みずうみ)」の意味。
元々、海は大水をたたえたところをいい、池や沼などを表すこともあったため、特に区別して用いる場合には、塩水のところを「塩海・潮海(しほうみ)」といい、淡水のところを「水海(みづうみ)」や「淡海(あはうみ)」といった。
現在では、塩分を含んだ「塩水湖(塩湖)」も「みずうみ」に含められる。
漢字の「湖」は、「水」+「音符胡」からなる会意兼形声文字で、「胡」の字には大きく表面を覆い隠すという意味があり、大地を覆う大きな水という意味が「湖」には含まれている。

【関連語】

池(いけ) 泉(いずみ) 磯(いそ)
井戸(いど) 入り江(いりえ) 海原(うなばら)
海(うみ) 浦(うら) 覆う(おおう)
丘・岡・陸(おか) 沖(おき) 潟(かた)
川・河(かわ) 岸(きし) 魚(さかな)
塩(しお) 滝(たき) 湛える(たたえる)
谷(たに) ダム 堤(つつみ)
ドブ・溝(どぶ) 渚・汀(なぎさ) 沼(ぬま)
浜(はま) 林(はやし) ビーチ
プール 辺・畔(ほとり) 堀・濠・壕(ほり)
岬(みさき) 水(みず) 溝(みぞ)
港・湊(みなと) 森・杜(もり) 山(やま)
陸(りく)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

「池」と「沼」と「湖」と「泉」と「沢」と「潟」の違い・見分け方 - 違いがわかる事典
湖(みずうみ)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス