水掛け論

【意味】 水掛け論とは、互いが自説にこだわって、また自分に都合の良いことばかり言って、いつまでも解決しない議論。

【水掛け論の語源・由来】

水掛け論は、狂言の『水掛聟(みずかけむこ)』に由来するといわれる。
『水掛聟』とは、日照りが続いたある日、隣り合わせの田を持つ舅(しゅうと)と婿(むこ)が、自分の田に水を引こうとして口論となり、いつまでも言い争った挙句、互いの顔に水を掛け合った。
妻(舅の娘)が仲裁に入るが、最後は夫(婿)と一緒に婿を突き倒して終わるという話である。
一説には、水の掛け合いのように勝敗が決まらない論争の意味から「水掛け論」という言葉が生まれ、その後、『水掛聟』の話が作られたともいわれる。

【関連語】

軋轢(あつれき) 抗う・争う・諍う(あらがう) 争う(あらそう)
戦・軍(いくさ) 諍い(いさかい) いざこざ
牛の角突き合い 演説(えんぜつ) 夫(おっと)
蝸牛角上の争い 掛ける・懸ける(かける) 狂言(きょうげん)
喧嘩(けんか) 喧嘩腰(けんかごし) 骨肉相食む(こつにくあいはむ)
鞘当て(さやあて) 鎬を削る(しのぎをけずる) 舅・姑(しゅうと・しゅうとめ)
すったもんだ 折衝(せっしょう) 鬩ぐ(せめぐ)
田(た) 戦い・闘い(たたかい) 角突き合い(つのつきあい)
鍔迫り合い(つばぜりあい) 妻(つま) ディスカッション
ディベート 堂々巡り(どうどうめぐり) 泥仕合(どろじあい)
マニフェスト 水(みず) 婿(むこ)
娘(むすめ) 揉める(もめる) 悶着(もんちゃく)
埒が明かない 竜虎相搏つ(りゅうこあいうつ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス