水入らず

【意味】 水入らずとは、内輪の者だけで集まり、他人をまじえないこと。「夫婦水入らず」「親子水入らず」などと用いる。

【水入らずの語源・由来】

質が違っていてしっくり解け合わないさまを「油に水」というのに対し、親しい者だけが集まった状態を、油に水が入っていないところからいうようになったもの。
つまり、「水入らず」で水が混じっていないといっているものは油で、「油」が「内輪の者」「親しい者」を、「水」が「他人」を表している。

【関連語】

赤の他人(あかのたにん) 油・脂・膏(あぶら) アベック
いちゃつく 入れる(いれる) 夫(おっと)
親(おや) カップル 絆(きずな)
琴瑟相和す(きんしつあいわす) 子(こ) 親しい(したしい)
入魂・昵懇(じっこん) ちんちんかもかも つうと言えばかあ
妻(つま) 溶ける・解ける・融ける(とける) 仲(なか)
馴染む(なじむ) 懇ろ(ねんごろ) 入る(はいる)
混ぜる・交ぜる・雑ぜる(まぜる) 水(みず) 水臭い(みずくさい)
睦まじい(むつまじい) 誼み(よしみ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス