水菓子

【意味】 水菓子とは、果物。

【水菓子の語源・由来】

菓子が「果物」の意味から「食事以外の全ての間食」を意味するようになったことから、現在「菓子」と呼ばれるものと区別するために、「水」が付け加えられた。
近年、菓子が果物であったことも忘れられ、「水菓子」という語を用いなくとも「果物」で済むため、「水菓子」は菓子の種類と思われるようになってきた。
そして、「水ようかん」「ところてん」「かんてん」、「ゼリー」や「ババロア」など、菓子にも分類されにくい水分の多そうなものを呼ぶようになってきている。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス