水芭蕉

【意味】 水芭蕉とは、サトイモ科の大形多年草。山地の湿原に自生する。

【水芭蕉の語源・由来】

水芭蕉は、水気の多い湿地・湿原に生え、葉が大きくバショウの葉に似ていることから付いた名で、江戸時代から文献に現れる。
別名「牛の舌(ベコノシタ)」は、葉を牛の舌に見立てたものである。
尾瀬を歌った『夏の思い出』の歌詞によって特に有名になったため、尾瀬の特産植物と思われることもあるが、北海道・中部以北、兵庫県などの湿原にも群生する。

【関連語】

ウシ・牛(うし) 歌・唄・詩(うた) コンニャク・蒟蒻(こんにゃく)
サトイモ・里芋(さといも) 舌(した) ショウブ・菖蒲(しょうぶ)
テンナンショウ・天南星 葉(は) バショウ・芭蕉(ばしょう)
ベコ 水(みず) ユキモチソウ・雪餅草

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス