みぞおち

【意味】 みぞおちとは、胸の中央にある窪んだ部分。心窩(しんか・しんわ)。

【みぞおちの語源・由来】

「水落ち(みずおち)」が変化した語で、飲んだ水が落ちる所という意味である。
「みぞおち」は明治以降に見られ、1603年『日葡辞書』では「Mizzuvochi」とされている。
漢字の「鳩尾」は、この部分の形が鳩の尾に似ているためで、「鳩尾」と「みぞおち」は別の語源である。
また、みぞおちは「心窩」ともいい、「窩」には「穴」や「室」といった意味がある。

【関連語】

穴・孔(あな) 靨・笑窪(えくぼ) 尾(お)
落ちる(おちる) おっぱい 体(からだ)
凹み・窪み(くぼみ) 腰(こし) 心(こころ)
蟀谷(こめかみ) 尻尾(しっぽ) 丹田(たんでん)
乳(ちち) 飲む・呑む(のむ) バスト
ハト・鳩(はと) 腹(はら) 臍(へそ)
ボイン 盆の窪(ぼんのくぼ) 水(みず)
胸倉・胸座(むなぐら) 胸(むね) 室(むろ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス