みっともない

【意味】 みっともないとは、体裁が悪い。見苦しい。

【みっともないの語源・由来】

みっともないは、中世に使われた「見たくもなし」がウ音便化されて「見たうもなし」となり、「見とうもない」「見ともない」と変化した。
さらに、近世後期に促音が挿入されて「みっともない」となった。
みっともないの語系には「みたむない」「みとむない」「みっとむない」などもあった。
本来は、文字通り「見たくない」の意味であったが、そこから「見たくもないほど見苦しい」の意味が派生し、現在では派生した意味が主に使われるようになった。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス