ミツクリザメ

【意味】 ミツクリザメとは、ネズミザメ目の海魚。全長5メートル程度。吻の先端はへら状で、顎が突出している。

【ミツクリザメの語源・由来】

ミツクリザメの「ミツクリ(箕作)」は、東京大学で日本人初の動物学教授となった箕作佳吉(みつくりかきち)の名前に由来する。
イギリスの貿易商であったアラン・オーストンは、箕作教授の研究に協力し、捕獲した生物を研究所に寄贈しており、今まで見たことのないこの魚も箕作教授の研究所に寄贈されたことから、箕作の名に因んで「ミツクリザメ(箕作鮫)」と名付けられた。
その後、アメリカのデイビッド・スター・ジョーダンによって新種の魚であることが確認され、学名には箕作とオーストンの名前から「Mitsukurina owstoni」と名付けられている。
ミツクリザメのほか、箕作教授の名に因んだ生物の和名には、「ミツクリエビ」「ミツクリエナガチョウチンアンコウ」がある。

【関連語】

アイザメ・藍鮫(あいざめ) アオザメ・青鮫(あおざめ) 顎(あご)
アブラツノザメ・油角鮫 ウバザメ・姥鮫(うばざめ) エイ・海鷂魚(えい)
オナガザメ・尾長鮫 カグラザメ・神楽鮫(かぐらざめ) カスザメ・糟鮫(かすざめ)
ギンザメ・銀鮫(ぎんざめ) コバンザメ・小判鮫(こばんざめ) サカタザメ・坂田鮫(さかたざめ)
魚(さかな) サメ・鮫(さめ) シュモクザメ・撞木鮫
ジンベイザメ・甚平鮫 チョウザメ・蝶鮫(ちょうざめ) ドチザメ・奴智鮫(どちざめ)
ナヌカザメ・七日鮫 ネコザメ・猫鮫(ねこざめ) ネズミザメ・鼠鮫(ねずみざめ)
ノコギリザメ・鋸鮫 フカ・鱶(ふか) フカヒレ・鱶鰭(ふかひれ)
ホオジロザメ・頬白鮫 ホシザメ・星鮫(ほしざめ) メジロザメ・目白鮫
ヨシキリザメ・葦切鮫

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス