みそぎ

【意味】 みそぎとは、海や川・滝の水で体を清め、罪や穢れを洗い流すこと。

【みそぎの語源・由来】

身体を水で洗い清めることから、みそぎは「ミソソギ(身滌・身濯)」の約と考えられる。
「ソソギ」は「すすぐ(そそぐ)」の連用形が名詞化した語で、水で洗い清める意味から、「汚名をそそぐ(すすぐ)」など罪や穢れを清める意味でも使われる。
その他、「ミ」は「水」の意味とする説や、「ソギ」は「削ぐ(そぐ)」とする説もある。
『記紀神話』の中にある、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)が亡き妻の伊弉冉(いざなみ)を黄泉の国に訪ねた後、筑紫の日向で身体についた穢れを祓い清めるた話が、みそぎの始まりという。
寺社で参拝前に手を清めることや、雛の節句で人形を流す行事、潮干狩りなども禊が略式化されたもので、塩で清める儀式も海水で行った禊の名残りといわれる。
現代では、スキャンダルが発覚した政治家が立候補する選挙を「みそぎ選挙」といい、選挙に勝った際には、民意によって政治責任に区切りがついたという意味から「みそぎは済んだ」などというように、体を水で清める以外にも用いられる。

【関連語】

洗う(あらう) 海(うみ) カタルシス
神(かみ) 川・河(かわ) 清い(きよい)
汚れる・穢れる(けがれる) けじめ 塩(しお)
潮干狩り(しおひがり) スキャンダル 漱ぐ・濯ぐ(すすぐ)
澄む・清む(すむ) 政治(せいじ) 削ぐ・殺ぐ(そぐ)
濯ぐ・雪ぐ(そそぐ) 滝(たき) 手水(ちょうず)
償う(つぐなう) 罪(つみ) デトックス
寺(てら) 拭う(ぬぐう) 除く(のぞく)
祓う(はらう) 雛人形(ひなにんぎょう) ひな祭り(ひなまつり)
祭り(まつり) 身(み) 水(みず)
水垢離(みずごり) みそぎ団子(だんご) ミソハギ・禊萩(みそはぎ)
桃の節句(もものせっく) 社(やしろ) 黄泉(よみ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス