ミシン

【意味】 ミシンとは、布や革などを縫い合わせたり、刺繍をしたりするために使う機械。

【ミシンの語源・由来】

「縫う機械」を意味する英語「sewing machine(ソーイング・マシン)」の「machine(マシン)」が転訛した語で、紙の切り取り線など破線状に細かく穴があいたものも、その縫い目の連想から「ミシン(目)」と言うようになった。
ミシンは18世紀の中頃からイギリスで種々の考案がなされ、1851年、アイザック・メリット・シンガーによって実用化された。
日本に初めて渡来したのは、1854年にペリー提督が来航した際に将軍家に贈られたもので、4年後の1860年には、ジョン万次郎がアメリカから持ち帰っている。

【関連語】

アイロン 穴・孔(あな) 糸(いと)
紙(かみ) 皮・革(かわ) 切る・斬る・伐る(きる)
コンピュータ ジグザグ ソーイング
繕う(つくろう) 縫う(ぬう) 布(ぬの)
ハサミ・鋏(はさみ) 針(はり) ホッチキス
マシン

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス