ミミズク

【意味】 ミミズクとは、フクロウ目フクロウ科の鳥のうち、耳のような羽角をもつ種の総称。普通、オオコノハズクを指す。耳木菟。

【ミミズクの語源・由来】

ミミズクの歴史仮名は「ミミヅク」で、語源には「耳付く」や「耳突く」の意味、「耳角毛」の意味など、「耳」を主にした説が多い。
しかし、古名は「ツク(ヅク)」で、これに特徴的な「ミミ(耳)」が加わり、「ミミズク」になったと考えるのが妥当である。
ミミズクの古名「ツク」は、「ツク(角耳)」「ツケ(角毛)」など、耳のような羽角が語源といわれ、これらの説でほぼ間違いない。
ただし、フクロウと区別していなかった時代があり、「フクロウ」を指す方言には「ヨヅク」や「フルツク」など、「ツク」と関連する名前が見られる。
「ヨヅク」は「夜に鳴く」、「フルツク」が「フルフルと鳴く」の意味とすれば、「ツク」は「鳴く」の意味で、「ミミズク」も含め「フクロウ」を表していたものが、後に「ミミズク」のみを表すようになったとも考えられる。
漢字「木菟」の「菟」は「ウサギ(兎・兔)」を表し、「ウサギのような耳を持つ木に棲むもの」の意味からの当て字である。
古名の「ツク」に「木菟」が当てられていたため、「ミミズク」は「耳木菟」とも表記する。
「角鴟」の「鴟」は、タカ科の「トビ(鳶)」を表す漢字で、フクロウの異名を「鴟梟(シキョウ)」と言うように、フクロウの仲間はトビに喩えられ、「角鴟」は「角のあるトビ」としたものである。

【関連語】

アオバズク・青葉木菟 イイトヨ・イイドヨ ウサギ・兎(うさぎ)
オオコノハズク・大木葉木菟 オナガフクロウ・尾長梟 オニミミズク・鬼木菟
木・樹(き) キンメフクロウ・金目梟 毛(け)
コノハズク・木の葉木菟 コミミズク・小木菟(こみみずく) ゴロスケ・五郎助(ごろすけ)
シキョウ・鴟梟(しきょう) シマフクロウ・島梟 シロフクロウ・白梟
スズメフクロウ・雀梟 タカ・鷹(たか) 角(つの)
トビ・鳶(とび) トラフズク・虎斑木菟 トリ・鳥(とり)
泣く・鳴く・啼く(なく) 羽・羽根・翅(はね) フクロウ・梟(ふくろう)
耳(みみ) メガネフクロウ・眼鏡梟 メンフクロウ・仮面梟
モリフクロウ・森梟 夜(よる) ワシミミズク・鷲木菟
ワライフクロウ・笑梟

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス