耳をそろえる

【意味】 耳をそろえるとは、必要な金額を不足なく用意すること。多くは、借金の返済時に使われる。

【耳をそろえるの語源・由来】

「耳」は頭部の中心から端に位置することから、「パンの耳」と言うように「縁」を意味する。
大判や小判の縁も「耳」と言ったことから、金銭を不足なく取り揃えることを「耳をそろえる」と言うようになった。
札束の端を揃えることからとも言われるが、紙幣が一般に流通する以前から使われている言葉である。

【関連語】

お愛想(おあいそ) 収める・納める・治める・修める 金(かね)
勘定(かんじょう) 全て・総て・凡て(すべて) 揃う(そろう)
端(はし) 払う(はらう) パン
不足(ふそく) 縁(ふち) 縁(へり)
満たす・充たす(みたす) 耳(みみ) 利息(りそく)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス