みこし

【意味】 みこしとは、神幸・祭礼などで、神霊の乗り物とされる輿。多くは黒い漆塗りの木製で、屋根の上に鳳凰などを飾り、台に二本の棒を貫き、大勢が担いで運ぶ。しんよ。

【みこしの語源・由来】

みこしは「こし(輿)」に敬語の接頭語「み(御)」を添えた語で、「みくじ」を「おみくじ」と言うように、さらに「お」を付けて「おみこし」とも言う。
「みこし」の「み」には「御」と「神」の漢字があるが、神霊に伴なうものは「神」の字が当てられることが多く、「おみおつけ」は神と関係が無いため「御」だけ用いられる。
みこしの「こし(輿)」の語源は、「越し」の意味と考えられる。
元々「輿」は「玉の輿」という言葉があるとおり貴人の乗り物を言ったが、平安中期頃から怨霊信仰が盛んになり、神霊を運ぶ物として「みこし」が使われるようになった。
また、「輿」は「腰」とかけて、「みこしを上げる(立ちあがること)」、「みこしを据える(座りこんで動かないこと)」といった用法もある。

【関連語】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

神輿(みこし)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス