巫女

【意味】 巫女とは、神に仕えて神託を口寄せしたり、神楽を舞ったり、祈祷したりする者。多くは未婚の女性。かんなぎ。ふじょ。

【巫女の語源・由来】

巫女は、霊威ある者に対して心からおそれ敬いを表す「御」に、女性の意味で「子」がついた「御子(みこ)」が語源と考えられる。
また、神の子の意味で「神子(みこ)」か、同じ漢字で「かみこ」の上略とする説もある。
漢字は「巫女」と同じ意味の「巫(かんなぎ)」に「女」が付いたもので、意味からの当て字であろう。
現代では、巫女は神社で神主の補佐的役割のようになっているが、かつて巫女は神と人間の中間的存在で、司祭者となったり、死霊や生霊の口寄せをしたり、呪術的な祈祷なども行っていた。

【関連語】

いたこ お呪い(おまじない) 御神酒(おみき)
御神籤(おみくじ) 女(おんな) 神楽(かぐら)
柏手・拍手(かしわで) 神(かみ) 巫・覡(かんなぎ)
くノ一(くのいち) 子(こ) 御託を並べる
賽銭(さいせん) 処女(しょじょ) 玉串(たまぐし)
鳥居(とりい) 祝詞(のりと) 袴(はかま)
初詣(はつもうで) 祭り(まつり) 神輿・御輿(みこし)
宮(みや) 社(やしろ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス