身から出た錆

【意味】 身から出た錆とは、自分の犯した悪行のために、自分自身が苦しむこと。身から出たサビ。身から出たさび。

【身から出た錆の語源・由来】

「身」は刀の鞘に納まっている部分を指す「刀身」のことである。
刀の手入れを怠ると刀身から錆が出て、いざという時に使い物にならず、自分自身の命(身)を落とすことになる。
そこから、刀の身と自分自身の身をかけ、自分の犯した罪のために自分自身が苦しむことを「身から出た錆」と言うようになった。
また、刀身から出た錆は表面だけではなく、刀自体を腐らせてしまうので、その意味でも、取り返しがつかないことをしたという悔やみが込められた言葉である。

【関連語】

煽りを食う(あおりをくう) 後の祭り(あとのまつり) 命(いのち)
戒める(いましめる) 因果(いんが) 因果応報(いんがおうほう)
刀(かたな) 悔しい・口惜しい(くやしい) 悔やみ(くやみ)
苦しい(くるしい) 業(ごう) サビ・錆・銹(さび)
鞘(さや) 自業自得(じごうじとく) 自縄自縛(じじょうじばく)
しっぺ返し(しっぺがえし) 自分(じぶん) ジレンマ
祟り(たたり) 出る(でる) 天を仰いで唾する
名残(なごり) 情けは人の為ならず 刃(は)
罰(ばち) 墓穴を掘る(ぼけつをほる) 身(み)
藪蛇(やぶへび) 輪廻(りんね)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

身から出た錆の意味・用例・出典・類義・対義・英語表現 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス