みかじめ料

【意味】 みかじめ料とは、暴力団が飲食店などから徴収する用心棒代。ショバ代。挨拶代・挨拶料。守代・守料。

【みかじめ料の語源・由来】

語源には、毎月3日にお金を払わせることからや、3日以内に払わなければ締め上げるといった、日数の「みっか」に関連付ける説がある。
しかし、「みかじめ」は「管理」「監督」「取り締まり」といった意味の言葉であり、「みかじめ料」は「守り・取り締まり」に対して支払う料金という名目から生じた言葉なので、日数の「3日」からとする説は考え難い。
「みかじめ」は上記のような意味で使われ、漢字で「見ヶ〆」と当てられることから、「み」が「見張る」「見守る」、「じめ」は「取り締まる」の意味と考えられる。

【関連語】

挨拶(あいさつ) 印税(いんぜい) 上前を撥ねる(うわまえをはねる)
横領(おうりょう) 落とし前(おとしまえ) 日(か)
掠り・擦り(かすり) カツアゲ 金(かね)
血税(けつぜい) 締める・閉める(しめる) ショバ代(しょばだい)
税金(ぜいきん) せがむ せびる
集る(たかる) 駄賃(だちん) チップ
美人局(つつもたせ) 手当て(てあて) 縄張り(なわばり)
強請る(ねだる) 払う(はらう) 日(ひ)
ピンはね ぼったくり 守る・護る(まもる)
水商売(みずしょうばい) 店(みせ) 見る(みる)
ヤクザ 強請る(ゆする) 用心棒(ようじんぼう)
利息(りそく) リベート 割り勘(わりかん)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

みかじめ料(みかじめりょう)の意味 - 日本語俗語辞書

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス