ミハルス

【意味】 ミハルスとは、カスタネットを簡略化した玩具・教育用楽器。赤と青の板をゴム紐でくくってある。教育用カスタネット。

【ミハルスの語源・由来】

ミハルスは、舞踏家の千葉躬春(みはる)氏が考案したことから、名前の「みはる」に「S」を付けて楽器名としたもの。
ミハルスが赤と青の板からできているのは、男子が青で女子が赤というように、男女共同で使えるためといわれる。
しかし、ミハルスは突起のある赤色が下にするのが普通で、上下を逆にすると打つときの感触や音色も若干異なるため、元々は上下を解りやすくするため、色分けされたともいわれる。

【関連語】

青(あお) 赤(あか) 色(いろ)
音(おと) 男(おとこ) オモチャ・玩具(おもちゃ)
音楽(おんがく) 女(おんな) カスタネット
鐘・鉦(かね) ゴム コンガ
ゴング シロフォン シンバル
鈴(すず) 太鼓(たいこ) タムタム
タンバリン チェレスタ チャイム
ティンパニ ドラ・銅鑼(どら) トライアングル
ドラム 名前(なまえ) パーカッション
ヒモ・紐(ひも) フラメンコ ベル
ボンゴ マラカス マリンバ

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス