【意味】 右とは、相対的な位置のひとつ。北を向いた時に東にあたる方。左の対。

【右の語源・由来】

右の語源は、手で物を握る方なので「にぎり(握り)」が転じたとする説が有力とされているが、その他、右の方が力が強いことから、「もちきり(持切)」の意味。
右は南を向いた時に西にあたり、日の沈む方なので「みきる(見限)」の意味。
かばうようにして物を持つ手なので、「みふせぎ(身防)」の意味など諸説ある。
右を古くは「みぎり(右り)」とも言いったが、「みぎり」が略され「みぎ」になったものか、「ひだり(左)」に合わせて「みぎ」を「みぎり」と言ったものか解っていない。
また、『名義抄』の「右 ミキ」のように濁音化されていない例も見られ、語源の断定は非常に難しい。
漢字の「右」は、口を手でかばうことを示したものであるが、和語の「みぎ」と直接関係するものではないので、漢字の由来から「みぎ」の語源を「みふせぎ(身防)」とすることもできない。

【関連語】

彼処・彼所(あそこ) 彼方此方(あちこち) 彼方(あちら)
彼方(あっち) 彼(あれ) 上(うえ)
後ろ(うしろ) 内(うち) 右派(うは)
右翼(うよく) 裏(うら) 奥(おく)
御天道様(おてんとうさま) 表(おもて) 角(かど)
彼方(かなた) 庇う(かばう) 側(かわ)
北(きた) 際(きわ) 口(くち)
隈・曲・阿(くま) 此処(ここ) 此方(こちら)
此方(こっち) 此方(こなた) 此れ(これ)
境(さかい) 先(さき) 下(した)
直ぐ(すぐ) 隅・角(すみ) 底(そこ)
其方(そちら) 其方(そっち) 外(そと)
側・傍(そば) そんじょ其処ら(そんじょそこら) 太陽(たいよう)
縦(たて) 力(ちから) 端(つま)
手(て) 所・処(ところ) 何方(どちら)
何方(どっち) 中(なか) 斜め(ななめ)
握る(にぎる) 西(にし) 端(はし)
斜(はす) 日(ひ) 東(ひがし)
左(ひだり) 日向(ひなた) 縁(ふち)
縁(へり) 前(まえ) 右肩上がり(みぎかたあがり)
南(みなみ) 向こう(むこう) 持つ(もつ)
元・本・基(もと) 横(よこ) ライト(右)
レフト

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス