乱れる

【意味】 乱れるとは、整っていたものがばらばらになる。秩序や規律が崩れる。平和でなくなる。心が平静でなくなる。入り混じる。紊れる。

【乱れるの語源・由来】

乱れるは、動詞「みだる(乱る)」の下二段活用。
乱れる(みだる)の語源は未詳であるが、「みだる」の「み」は「水」のことで、「だる」は動詞を作る接尾語とする説がある。
「ゆだる(ゆでる)」は「湯」を活用した言葉であることや、水は固体のように形が一定でないことから、「水のようになる」の意味とすれば考えられる。
漢字の「乱」の旧字「亂」は、左の部分が糸を上下から手で引っ張るさまを表し、右の部分は乙印で押さえる・あしらうといった意味を表している。
つまり、「乱」の漢字は、すでに乱れている状態や、まとまっているものをほぐす行為を表すと同時に、もつれた状態に手を加えるといった意味から、「おさえる」「まとめる」という意味も含んでいる。

【関連語】

荒い・粗い(あらい) 一心不乱(いっしんふらん) 一治一乱(いっちいちらん)
糸(いと) 胡乱(うろん) 押さえる・抑える(おさえる)
鬼の霍乱(おにのかくらん) 快刀乱麻(かいとうらんま) 怪力乱神(かいりきらんしん)
カオス 拗れる(からまる) 狂喜乱舞(きょうきらんぶ)
崩す(くずす) 狂う(くるう) 巧言乱徳(こうげんらんとく)
拗れる(こじれる) ごたごた ごった返す(ごったがえす)
こんがらがる しっちゃかめっちゃか しどろもどろ
心慌意乱(しんこういらん) 散らかす(ちらかす) 治乱興亡(ちらんこうぼう)
てんやわんや どさくさ 整える(ととのえる)
トラブル 撥乱反正(はつらんはんせい) パニック
羽目を外す(はめをはずす) 百花繚乱(ひゃっかりょうらん) 紊乱(びんらん・ぶんらん)
風俗壊乱(ふうぞくかいらん) 解す(ほぐす) 解れる(ほつれる)
纏める(まとめる) 水(みず) 淫ら・猥ら(みだら)
乱り・妄り・濫り・猥り(みだり) 無茶苦茶(むちゃくちゃ) 滅茶苦茶(めちゃくちゃ)
縺れる(もつれる) やっさもっさ 湯(ゆ)
茹でる(ゆでる) 乱離骨灰(らりこっぱい) 乱雑無章(らんざつむしょう)
乱臣賊子(らんしんぞくし) 乱痴気騒ぎ(らんちきさわぎ) 乱離拡散(らんりかくさん)
坩堝(るつぼ) 狼藉(ろうぜき) 戦慄く(わななく)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

乱れる(みだれる)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス