【意味】 実とは、植物の果実。汁の中に入れる野菜や肉などの具。中身。内容。

【実の語源・由来】

実は「身」と同源と思われるが、一音からなる語のため、それ以上の語源は未詳。
植物には「実」漢字が、人間や動物には「身」の漢字が当てられるが、和語としての「み」は同じ意味で用いられている。
漢字「実」の源字は「實」で、家の中に貝(宝物)がいっぱに満ちている意味の会意文字である。

【関連語】

家(いえ) 枝(えだ) 雄蕊(おしべ)
貝(かい) 萼(がく) 株(かぶ)
殻(から) 体(からだ) 皮・革(かわ)
木・樹(き) 銀杏(ぎんなん) 茎(くき)
草(くさ) 果物(くだもの) 口実(こうじつ)
コケ・苔(こけ) 梢・杪(こずえ) 米(こめ)
莢(さや) 汁(しる) 鈴なり(すずなり)
種(たね) 蕾・莟(つぼみ) 蔓(つる)
刺・棘(とげ) ドングリ・団栗(どんぐり) 菜(な)
苗(なえ) 肉(にく) 人間(にんげん)
根(ね) 葉(は) 葉っぱ(はっぱ)
花・華(はな) 人(ひと) 総・房(ふさ)
ベリー 穂(ほ) 薪(まき)
マメ・豆(まめ) 身(み) 幹(みき)
蜜(みつ) 実る(みのる) 芽(め)
雌蕊(めしべ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス