目安

【意味】 目安とは、おおよその基準。見当。目印。目当て。目標。

【目安の語源・由来】

目安は、形容詞「めやすし」の語幹が名詞になった語。
「めやすし」の語構成は「目(め)」+「安し(やすし)」で、見ていて安心していられるという意味から、平安時代には「見苦しくない」「見やすい」の意味で用いられた。
鎌倉時代頃から、そろばんの位どりの印、秤の目盛りなど、見てすぐにわかるものを「目安」と呼ぶようになり、目当てや基準の意味で用いられるようになった。
室町時代以後、読みやすく箇条書きにした文書や訴状も言うようになったことから、訴状一般を指すようになった。
将軍吉宗が設置した「目安箱」が政治の指針となったことから、見通しや基準の意味になったとする説もあるが、「目安箱」は「目安」の持つ「訴状」という意味から名付けられたものなので、この説は間違いである。

【関連語】

価・値(あたい) 当てずっぽう(あてずっぽう) 暗中模索(あんちゅうもさく)
鯨尺(くじらじゃく) 位(くらい) コツ
五里霧中(ごりむちゅう) 栞・枝折り(しおり) 定石・定跡(じょうせき)
印・標・証(しるし) 政治(せいじ) 相場(そうば)
算盤(そろばん) テンプレート 捕らぬ狸の皮算用
虎の巻(とらのまき) 値打ち(ねうち) 雛形・雛型(ひながた)
的(まと) マニフェスト マニュアル
道標(みちしるべ) 見る(みる) 目・眼(め)
目処(めど) 目鼻が付く(めはながつく) めぼしい
目盛り(めもり) モデル 物差し(ものさし)
安い・易い(やすい) レート レシピ

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス