滅相もない

【意味】 滅相もないとは、とんでもない。あるべきことではない。

【滅相もないの語源・由来】

滅相とは仏教語で、物事や生物の移り変わりを四段階に分けた四相の一。
四相では、事物がこの世に出現することを「生相」、存在・持続することを「住相」、変化することを「異相」といい、消えて無くなることを「滅相」という。
滅相の業が尽きて命が終わる段階の意味から、「とんでもない」という意味の「滅相な」が生まれ、「滅相な」どころではなないという意味で「滅相もない」と使われるようになった。

【関連語】

有るまじき(あるまじき) 怪しからん(けしからん) 言語道断(ごんごどうだん)
沙汰の限り(さたのかぎり) 凄まじい(すさまじい) タブー
途轍もない(とてつもない) とんでもない 甚だしい(はなはだしい)
酷い(ひどい) 不届き(ふとどき) 不埒(ふらち)
箆棒(べらぼう) 無茶苦茶(むちゃくちゃ) 滅茶苦茶(めちゃくちゃ)
滅法(めっぽう) 以ての外(もってのほか)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス