滅法

【意味】 滅法とは、程度がはなはだしいさま。

【滅法の語源・由来】

滅法は仏教用語で、因縁に支配される世界を超え、絶対に生滅変化しない真如や涅槃といった絶対的真理のことで、「無為法(むいほう)」の別名である。
滅法に「因縁を超越した絶対的なもの」といった意味が含まれていることから、近世以降、「桁外れに」「はなはだしく」といった意味が派生し、「ケンカがめっぽう強い」や「今日はめっぽう暑い」などと用いられるようになった。

【関連語】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

滅法(めっぽう)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス