目くじらを立てる

【意味】 目くじらを立てるとは、些細な欠点を探し出し、責め立てること。

【目くじらを立てるの語源・由来】

「目くじら」とは「目尻(めじり)」のことで、「目くじり」とも言う。
この「目くじり」が変化したのが「目くじら」で、「鯨(クジラ)」とは関係ない。
目くじらを立てることは、目を吊り上げ鋭く相手を見ることになり、怒った時などの表情を意味していたが、見るだけでなく、責めたりとがめたりする意味へ変化していった。

【関連語】

あかんべい 揚げ足を取る(あげあしをとる) 粗を探す(あらをさがす)
いちゃもん 怒る(おこる) クジラ・鯨(くじら)
逆鱗に触れる けちをつける 地団駄を踏む(じだんだをふむ)
癪に障る(しゃくにさわる) 尻(しり) 鋭い(するどい)
咎める(とがめる) 瞳・眸(ひとみ) 仏頂面(ぶっちょうづら)
眼(まなこ) 眦(まなじり) 瞬き(まばたき)
瞼・目蓋(まぶた) 見る(みる) 向かっ腹(むかっぱら)
目・眼(め) 目尻(めじり) 野次る(やじる)
八つ当たり(やつあたり) 柳眉倒豎(りゅうびとうじゅ)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

目くじら(めくじら)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス