目鼻がつく

【意味】 目鼻がつくとは、物事のおおよその見通しが立つこと。

【目鼻がつくの語源・由来】

肖像画を描いたり、人形を作ったりする際、顔の中心にある目や鼻をつけると全体が整い、完成後のイメージがわかるようになる。
そこから、大体の見通しがつくことを「目鼻がつく」と言うようになった。
「明らかになる」の意味から、古くは、「目鼻が明く(あく)」とも言った。

【関連語】

明らか(あきらか) 粗方(あらかた) 粗筋・荒筋(あらすじ)
あらまし 絵・画(え) 大筋(おおすじ)
大詰め(おおづめ) 概ね(おおむね) 凡そ(およそ)
顔(かお) クライマックス 終盤(しゅうばん)
スケジュール 大体(だいたい) 大抵(たいてい)
付く・附く・着く(つく) 人形(にんぎょう) 鼻(はな)
殆ど(ほとんど) 略・粗(ほぼ) 目・眼(め)
目処(めど) 目星(めぼし) 目安(めやす)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス