めど

【意味】 めどとは、目当て。目標。物事の見通し。

【めどの語源・由来】

めどの語源は、植物の「メドハギ(蓍萩)」の古名「メド」からと考えられている。
易占いで使う細い竹製の棒を「筮竹(ぜいちく)」というが、昔はメドハギが使われており、この棒を「メド」や「メドギ(メドキ)」と呼び、「メド」は「占い」の意味でも用いられた。
占いは将来の指針となるところから、「目当て」や「目標」の意味になったという。
ただし、「メドハギ」の語源が「めど(目処)」からとも考えられるため、特定は難しい。
その他、めどの語源には、漢字で「目処」と表記するとおり「目指すところ」の意味からや、針の糸を通す穴「めど(針孔)」を狙うところからといった説もある。

【関連語】

当てずっぽう(あてずっぽう) 穴・孔(あな) 穴の狢を値段する
占い(うらない) 沖な物あて(おきなものあて) 栞・枝折り(しおり)
印・標・証(しるし) 筮竹(ぜいちく) 所・処(ところ)
飛ぶ鳥の献立 捕らぬ狸の皮算用 針(はり)
道標(みちしるべ) 目・眼(め) メドハギ・蓍萩(めどはぎ)
目鼻が付く(めはながつく) 目星(めぼし) めぼしい
目安(めやす) 目的(もくてき) 目標(もくひょう)
目論見(もくろみ) 物差し(ものさし)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

目処(めど)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス