メリヤス

【意味】 メリヤスとは、機械編みによって編んだ編み物および布地。伸縮性・柔軟性に富み、肌着などに用いられる。

【メリヤスの語源・由来】

メリヤスは、「靴下」を意味するスペイン語の「medias(メジアス)」、ポルトガル語の「meias(メイアシュ)」が転訛した語。
メリヤスの発祥は古代エジプトで、中世に西欧へ伝わり、靴下の素材として重宝された。
日本にメリヤスが伝来したのは、16世紀後半から17世紀後半といわれる。
漢字の「莫大小」は、「莫」が「ない」という否定を表す字で、メリヤスは伸縮性があることから、「大きくもなく小さくもない」という意味の当て字。
その他、音からの当て字で「目利安」や「女利安」とも表記された。

【関連語】

アサ・麻(あさ) アストラカン 編む(あむ)
糸(いと) ウーステッド ウール
大きい(おおきい) ガーゼ カシミヤ
絣・飛白(かすり) カナキン・金巾(かなきん) 生地(きじ)
絹(きぬ) 布(きぬ) ギャバジン
キャラコ 布(きれ) ギンガム
金モール 靴下(くつした) クレープ
クレープデシン クレバネット グログラン
クロス コーデュロイ コールテン・コール天
コットン ゴブラン織り(おり) サージ
サッカー サテン サラサ・更紗(さらさ)
ジーンズ ジャージ ジャカード織り
シャルムーズ 繻子(しゅす) ジョーゼット
シルク スウェット スコッチツイード
ズック ストレッチ スフ
ゼファー ダマスク 反物(たんもの)
小さい(ちいさい) 縮織り(ちぢみおり) 縮む(ちぢむ)
チノクロス チュール 縮緬(ちりめん)
紬(つむぎ) テトロン ドスキン
トリコット ナイロン 錦(にしき)
ニット 布(ぬの) ネル
伸びる・延びる(のびる) パイル ビニール
ビニロン ビロード ブッチャー
フラノ・フランネル ブロード ブロケード
ベール ベッチン・別珍(べっちん) ベルベット
ベロア ベンガラ ボイル
ポプリン ホームスパン ポリエステル
銘仙(めいせん) メッシュ メリンス
綿(めん) モケット モスリン
モヘア 木綿(もめん) ラシャ・羅紗(らしゃ)
ラメ リネン リンネル
レース レーヨン ワタ・綿(わた)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス