メバル

【意味】 メバルとは、カサゴ目フサカサゴ科の海水魚。全長約30センチ。海釣りの対象魚で美味。目張。

【メバルの語源・由来】

目と口が大きく、張り出した目の意味。
棲む場所によって体色が異なり、浅海のものほど黒っぽく、深くなるにつれ赤くなる。
この体色によって、「赤メバル(ウスメバル)」「黒メバル」「金メバル」「白メバル」などと呼び分けられ、最も美味しいのは金メバル、次いで黒メバルが美味といわれる。

【関連語】

アイナメ・鮎魚女・鮎並(あいなめ) 赤(あか) アカウオ・赤魚(あかうお)
アコウダイ・赤魚鯛(あこうだい) アブラボウズ・油坊主 うまい
海(うみ) 美味しい(おいしい) 大きい(おおきい)
オオサゴ・大佐賀・大逆 オコゼ・虎魚(おこぜ) カサゴ・笠子(かさご)
カジカ・鰍・杜父魚(かじか) カナガシラ・金頭・鉄頭 カマキリ・鎌切・杜父魚
キチジ・喜知次(きちじ) 金(きん) ギンダラ・銀鱈(ぎんだら)
クサウオ・草魚(くさうお) クジメ・久慈目(くじめ) 口(くち)
黒(くろ) コチ・鯒・牛尾魚(こち) ゴリ・鮴・石伏魚(ごり)
魚(さかな) サンコウメヌケ・さんこう目抜 白(しろ)
ソイ・曹以(そい) タケノコメバル・竹の子眼張 釣り(つり)
トクビレ・特鰭(とくびれ) ハゼ・鯊・沙魚・蝦虎魚(はぜ) バラメヌケ・薔薇目抜
ハリゴチ・針鯒(はりごち) 張る・貼る(はる) ハルツゲウオ・春告魚
ホウボウ・竹麦魚(ほうぼう) ホッケ 目・眼(め)
メヌケ・目抜(めぬけ) ヤマノカミ・山の神

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス