メバチ

【意味】 メバチとは、スズキ目サバ科の海水魚。温帯・熱帯海域に分布。刺身や寿司だねにする。メバチマグロ。バチ。メブト。ダルマ。

【メバチの語源・由来】

メバチは、目がパッチリと大きいことからの名。
メバチの漢字「眼撥(目撥)」の「撥」には、「ひらく」の意味がある。
また、方言で瞬きすることを「めばち」と言う地方もあり、これを大きな目の魚に当てたという見方もある。
「バチ」や「メブト」の異名は、メバチの語源と同じく目の大きさからで、「ダルマ」はずんぐりとした丸い体形からである。

【関連語】

海(うみ) 大きい(おおきい) カツオ・鰹(かつお)
キハダ・黄肌(きはだ) コシナガ・腰長(こしなが) 魚(さかな)
刺身(さしみ) サバ・鯖(さば) サワラ・鰆(さわら)
シビ・鮪(しび) 寿司・鮨・鮓(すし) スズキ・鱸(すずき)
スマ・須万(すま) タチウオ・太刀魚(たちうお) ダルマ・達磨(だるま)
鉄火巻き(てっかまき) トロ ネギトロ
開く(ひらく) ビンナガ・鬢長(びんなが) マグロ・鮪(まぐろ)
瞬き(まばたき) 目・眼(め) メジマグロ・めじ鮪(めじまぐろ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス