まずい

【意味】 まずいとは、味が悪い。おいしくない。下手だ。具合が悪い。醜い。

【まずいの語源・由来】

まずいは「マヅシ」の口語で、「マヅシ」は「まずしい(貧しい)」の文語でもある。
「味が足りない」「充足感が得られない」ところから、まずいは「貧しい」が語源。
元々、まずいは味覚に対して用いられた言葉で、現在でも多くはその意味で用いられるが、「不足している」といった意味から生じた言葉であるため、「つたない」「都合が悪い」「みにくい」といった意味でも使われるようになった。

【関連語】

味(あじ) 味わい(あじわい) あっさり
危ない(あぶない) 甘い(あまい) うまい
刳い(えぐい) 美味しい(おいしい) 乙な味(おつなあじ)
辛い(からい) ぎこちない 気まずい(きまずい)
具合(ぐあい) 臭い(くさい) グルメ
こく こってり 渋い(しぶい)
しょっぱい 酸っぱい(すっぱい) 醍醐味(だいごみ)
都合(つごう) 拙い(つたない) 苦い(にがい)
ピンチ 下手(へた) へぼ・へぼい
貧しい(まずしい) まったり 醜い(みにくい)
やばい 悪い(わるい)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス